物事は考え方次第(同調圧力について) 💚💛

いろいろなSNSに参加しており、ネットでの会話や議論に参加しています。あほらしいような偏った提議もありますが、一面の真理をついている物もあり、興味深く読みとっています。
特に日本人の常識と言われる考え方とアメリカのような各個が自由に振る舞うことの差について思うところがあって書き述べてみました。
 アメリカにおいて時々黒人などの暴動が起きて商店などの略奪が発生したとか、集団での議会襲撃事件とか、ホームレスが沢山いて治安が悪い話、銃撃事件で多くの人命が亡くなっていることなどがニュースとして目につきます。
 戦後、全てアメリカを先進国として勉強しながら科学技術から映画や音楽などの文化、自動車や洗濯機からTVなどを含む生活様式まで取り入れて、進んできたのですが、アメリカの実態を目にする機会が増えると”はてな”と感ずることも増えて来ます。
片や、日本では道路上に置かれたゴミ箱が溢れて汚いと言う現象を改善する手法として、ゴミ箱の撤去、ゴミの家庭への持ち帰り、という世界で誰も考えないようなマナーの押し付け的な改革を行い、世界一綺麗な街を実現し、治安も良く子供が一人で電車通学することや、トイレでのお尻を自動で洗浄する機械の普及など、世界で日本だけというような世の中になっています。
 スポーツの応援団が客席の掃除をして帰ったというだけのことが世界的なニュースとなっていることなどから考えてみると、こうした日本の社会マナーなどが実現した本質を考えて見るとき、日本独自の”同調圧力”や”仲間外れ”、”村八分”などというような思考が影響しています。すべてが揃って同じ行動をすることや、考えることや言葉に出すことまで周りの空気を読んでするという自主規制に従って行うことは、逆側から見れば一定の規制を押し付けられているとも言え、子供の世界まで”いじめ”と言う手法で押し付けがされている、という一つの観方が出来るような気がします。

    

 同調圧力や昭和世代が支配する日本社会を嘆く若者の提議に対し、学習不足の若者が社会マナーをわきまえないで勝手に物を言ったり行動したりするから、周りから白い目で見られることを感じて言う言葉でしょ? もっと勉強しなさい、で 片付けていたのですが、、、、、、、。

 片や蛮族的な行動が目立ち、公衆マナーが欠けていると感じられるアメリカが経済発展により国力がアップし、日本は長年停滞していると言う現実に何が違うのか?と考える必要があります。集団行動を大事にする体質は改革を拒むのだと、判断出来るのです。今ある形を改善するのなら受け入れられますが、ぶち壊して新規に作り直すという改革は出来ません。これが日本の体質なのです。バブル崩壊から30年、改善はし尽しているのです。思い切った新たな仕組みを作り、今までの考え方の切り捨てが必要なのです。それを出来ない体質が見え隠れしているのが同調圧力なのかもしれません。日本の良さだと自慢していた集団的行動や自主規制による、社会マナーの醸成などは、実は日本を閉塞社会に貶めている第一の犯人かもしれないのです。”ゴミは家庭まで持ち帰りなさい”と強制されることを受け入れる体質がもたらしたものが綺麗な街の実現なのです。まさに同調圧力のもたらしたものかもしれません。この件のモデルはシンガポールであり、ゴミや吸い殻のポイ捨てが犯罪として警察が取り締まるという法制度の下で実現したことなのです。
 周りと同調しない独自な発想や天才的な発想が許されないと感ずれば発明は出来ません。科学者、医学者などがアメリカへ出て研究を続けるという意味が理解できます。結果が出れば日本でも賞賛されますが、結果が出るのは万に一つなのです。すでに有る物の改善じゃなく、無いところから作り出す、もしくは今あるものを壊して新しく始めることが求められる世界では、日本的思考法は大きなマイナスかも。
このことが現状の日本社会の閉塞感になっているとしたら、、、、、怖いですねぇ。
 改善しか出来なくては開発する国の後追いだけになるのです。同調圧力の対角線にあるのが、多様性の容認であり、失敗することを含めた実験を受け入れることであり、爪はじきする事じゃないと考え直さなければなりません。
 ゴミは持ち帰りなさいという圧力を全国民が受け入れた国ですから、身勝手を許さないという圧力の解放には時間がかかると思います。いや、出来ないのかもしれない (-_-)。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です