台湾から釈迦頭が到着した ❄

12月に注文した冷凍の台湾フルーツが到着しました。
台湾フルーツとして大変美味しい鳳梨釈迦(パイナップル釈迦頭)と言うくだものです。日本では沖縄でも栽培されているようです。
 台湾旅行の際には毎回探して購入し、現地で味わっていますが、コロナのせいで2年以上の訪台ができませんでした。
今回新聞のニュースで台湾から冷凍による釈迦頭の輸入が始まるとのことで楽しみにしていたところ、楽天ショップにTaiwanDirect社が冷凍のパイナップル釈迦頭の予約販売が載せられていたので直ぐに注文しました。1月末のお届けとの約束で7500円にてオーダーしたものが本日(1月27日)到着。
早速解凍して食べてみました。生で食べるのが当たり前の生鮮果実の冷凍戻しなので、期待した生の味とは違いましたが、アテモヤの味はちゃんとしており、美味かったです。
  
上記画像は生の果実を半割にしたものですが、輸入規制があり、生鮮フルーツの輸入は大変難しいので冷凍加工をしたものです。
 冷凍戻しなので、台湾で食べる生のものとは違う味となっていますが、まずまず美味しかったですが、何時も台湾で食べる生の味とは比べられませんし、値段が10倍です(^^♪ 2個で7,500円ですが、台湾なら750円で食べられます。
高いので贅沢すぎるうえ、フルーツは生に限りますねぇ(^^♪。
下段のビデオは先回台湾旅行のおりに現地で食べた釈迦頭です。
甘くて濃厚なサワークリームと言う様な味がします。


 冷凍戻しの果実は色も真っ白ではなく、やはりそれなりの味でした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。