2019年11月 台湾旅行(5) ✈

今日は台湾滞在7日目の11月26日。天気が良いので午前中は大安公園をのんびりと散策し、昼頃になったので、Facebookの台湾グルメの会で評判になっていた冠京華という小籠包の店を訪ねました。松山駅の2つ手前にある、小巨蛋という地下鉄の駅まで3回の乗り換えで到着しましたが、運悪く臨時休業の札が出ており、1週間ほど休みらしい。慶弔ごとなのでしょうね。
諦めて近くにあるワンタンの店に入り、花枝餛飩と言うのを見つけてオーダー。

ちなみに 花枝は 烏賊のことで、 餛飩  は ワンタン です。 魚の名前は 日本名も中国から伝わった文字ではなく、日本人が作った漢字で、中国では通用しません。
だんだん慣れてくると、わかってくることが多く、面白いものです。
なお、中国では 卡 と言う文字が カード のことを言います。

花枝餛飩 はワンタンの餡が烏賊の切り身というもので日本では考えられないものでしたが、それなりに食べれました(^^♪。
小巨蛋駅近くのショッピングセンターを覗きましたが、見るものも無く、東門駅まで戻り、永康街でマンゴアイスのデザートを食べてホテルへ帰りました。夕食は通化街夜市へでかけ、前回見送った上海生煎包をたべる。小さな屋台が提供するものですが、餡に特色があり、 小ぶりの胡椒餅で、胡椒餅が壺焼きなのに対し、鉄鍋で焼き上げたもの。
大変美味く、通化街夜市では外せない小吃(軽食)です。

更に、いつもの烏賊から揚げの店で、今回は四川風辛味味を購入、揚げたての上、胡椒と山椒がよく効いており、大変美味い。付近の飲み物やさんで、冷たい台湾茶のボトルを購入して、食べながらあるく。 満腹で満足してホテルへ帰る。
万歩計は今日も15,600歩(^^♪。

8日目は曇り空ですが、雨が降らない様子なので、午前中は公園でのんびり過ごす。
5年ほどまえには珍しかった台湾リスがずいぶん増えており、人にも慣れてとても可愛らしい。
昼食は、一年ぶりに中山の三越にある欣葉台采)を訪ねる。 地下鉄は乗り換えなしで直行。出口が三越なので、エレベーターで8階へ。 台北に慣れてきているので名古屋市よりも詳しくなっている(^^♪。
 この店では絶対外せない 牡蠣の豆鼓醤炒め と マーボ豆腐 蛤スープ とご飯を注文、相変わらず牡蠣の豆鼓醤炒めは美味い。マーボはこの店では初めてでしたが、普通の味で特色がなかったが、蛤スープは美味しくて、満足。台湾料理ではやはりこの店がナンバーワンかも。 マーボ豆腐は 樺慶川菜の山椒が効いたのが美味い。
烏龍茶も選ばれた茶葉が使われており、美味しい。 満足しました。

左 牡蠣の豆鼓醤炒め  マーボ豆腐

食事のあと三越の地下を散策しましたが特に購入するものも無く、地下鉄でホテルへ帰る。
 夕食はネットの台湾グルメで評判になっていた近くの杭州小籠包()を訪ね、蟹みそ入りの小籠包、厚揚げ野菜スープ、海老焼売など食べましたが、海老焼売以外は普通味で大して旨くなく、残念。小籠包を探すのはもうやめにしようと思った(-_-)

帰路は歩いて東門駅まで来て、永康街の芒果皇帝(キングマンゴ)でデザートを食べて帰る。
永康街は観光客が集まる場所の一つですが、利用したのは芒果皇帝と天津葱抓餅だけで、繰り返し訪ねたのは芒果皇帝だけ、鼎泰豊があるだけで有名になっている処と断定した(^^♪。

台湾旅行(6) 完結編へ続く

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です