台湾事情 📜

 韓国論をエッセイに載せたので、まったく同じ事情にありながら大の親日国と言われる台湾についても述べてみます。
 台湾と韓国は、日清戦争の勝利により日本の統治下に入り、大東亜戦争における日本の敗戦により解放されたという全く同じ条件下にありながら、一方はキチガイじみた反日国家である。
 どこからその違いが生まれてきたのか? 戦後の産業発展の過程における日本産業界の援助なども全く同じでありながら、方や植民地支配の賠償や、慰安婦補償などで日本から補償金をむしり取る反日活動を行い、片一方は親日の旗印をあげて、高校生の修学旅行先候補ナンバーワンの台湾とまるで両極端の違いがあります。なぜにここまでの違いが出てきたのか?を考察してみた。
 エッセイに  台湾事情 としてアップしました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です