台湾旅行記 2018年11月 ✈

2018年11月7日から15日まで8泊の台北旅行に出かけた。

今回は、11回目の台北旅行なので、市内の様子も大体にところは判ってきているので、気楽に楽しんできました。
春に訪ねた時と同じ 大安森林公園前の麗都(リド)ホテルを利用したので永康街や東門市場が徒歩圏にあり、道路を挟んだ向こう側が公園なので、窓からの眺めも良い。
今回はあまりビデオや写真を撮らなかったので、詳細はブログの2018年11月の記事でご覧ください。   → 

台北旅行の目当ての一番はグルメ巡りで、今回訪ねた一流のレストランは、四川料理の小魏川菜餐庁、台湾料理の欣葉台菜南西店、蘇杭餐廳の3軒です。
それぞれ特徴があり、美味しかった料理の画像をご覧ください。


蘇抗餐寵は台湾大学校友会館内にあり、団体客が来ないので、静かで
ゆったりとした店です。 

ここではへちま入りの小籠包と豚のとろとろに煮込んだ料理、トンポーローを食べました。共に大変美味しかった。 
台北第一のお勧めレストランです。







台北駅近くにある、四川料理の名店: 小魏川菜では、むきエビの唐辛子炒めで名物料理の宮保海老(右)と、マーボ豆腐を食べました。
確かに唐辛子は効いていますが、タイ料理に慣れた私達にとっては
それほど辛いとは感じなくて適当な辛さで、とても美味かった。






四川料理の代表のようなマーボ豆腐ですが、それほど辛くなく。少し脂っぽい感じが今一という味です。
 次回があれば宮保鶏も食べてみたいと思います。



欣葉台菜ではトコブシと牡蠣のトーチ炒めをそれぞれ食べました。
トコブシは小型のアワビほどもあり、とても美味かったうえ、一皿6ケ
入りで、一人3個ずつ取り分けて食べました。美味かったですよ(*_*♪
右側は牡蠣のトーチ炒めで、牡蠣のむき身とニンニクの芽をトーチ醤
で炒めた料理で、台湾独特の味わいのもの。

上記のグルメ巡りはビデオに纏めてあるので、以下をご覧ください。

台北ではレストラン以外に、町のローカルな食堂や、屋台店が大変多くて、結構旨い食べ物を提供しています。そんな店も沢山訪ねたのでその一部を紹介します。

左は中山国小駅近くにある、圓山蒸包の蒸し包とサンラータン、メニューは
これのみと言う徹底した店。蒸し餃子のようなものですが、肉だけが詰めてある感じで余り美味くなかった(-_-)


右は通化街夜市にある、正好小籠包のネギ入り小籠包。台北1の味。
鼎泰豊の小籠包より美味しく感じました。





左は台湾でおなじみ、サンラータン、キノコや豆腐の細切りが具材
のスープで、酸っぱくて辛いところから、酸辣湯と書く。




    
右は海鮮食堂で食べた殻付き牡蠣の炭火焼、薄い塩味でした。
日本の醤油味の方が美味いかも。







左はやはり海鮮食堂でたべた、アサリ炒め、蛤もたべました。 







右はホテル近くの信義市場にある食堂で食べた牛肉麺、肉が沢山。
筋肉ですが、柔らかくなるまで煮てある。
圓山駅近くの金発春牛肉麺は澄まし汁で、こちらも旨かった。





こちらは台湾名物の胡椒餅、壺焼きで、外はカリカリ、中身は胡椒味でジューシー。病みつきになる旨さです。

台北の食べ物で有名なのは小籠包ですが、ホテルから近くの鼎泰豊は常時満員で、店の外にも行列が出来ており、前回・今回共にいけませんでしたが、過去3度ほど訪ねたことがあるので諦めました。
今回の訪問で訪ねた小籠包の店は、台北駅近くの蘇抗餐寵、通化街の正好鮮肉小籠包、民権東路の圓山湯包と、あまりガイドブックには紹介されていない店ですが、それぞれ旨く、ガイドブックに載っている店よりは、よほど美味かったという気がします。 點水樓、京鼎楼、金品茶樓などは有名で高価な店ですが、それぞれ一度訪ねましたが、決して美味くはなく、団体客に適当に食わせる店であり、接待等による個室利用客以外にはサービスも良くありませんので、個人客は行かないのが賢いでしょう。
 また、牡蠣、蛤・浅利・シジミ、つぶ貝などの貝類が豊富で安く、ローカル食堂や屋台で焼いたり、炒めたりして出しており、今回はよく食べました、とても美味しいです。
牛肉麺も名物ですが、八角風味の入っているのは日本人には、なじみが無くて食べられません。 が、圓山駅近くの金発春牛肉店と、大安信義市場の範姜川味牛肉麺の2軒は、八角が入っていないのでとても美味かったです。なお、範姜川味牛肉麺では、小皿の小菜が棚に並べてあり、シジミのニンニク醤油漬けがあったので、取って食べました。日本人にはなじみがない料理で、生きたシジミをニンニク醤油に漬け込んだ食べ物ですが、結構いけます(*_*♪。
     
 ショッピングも楽しみで、台北駅の裏側にある華陰街を散策して、ワイフが革靴を1足とアクセサリーをを少々買い、三越デパートの地下食品街でお土産のお菓子類、廸化街でドライマンゴや、黒胡麻海苔、竹細工の笊などを買ったりしました。
メインの買い物はお茶が大きな目的でもあり、今回は民権西路駅ちかくの富宇茶行、廸化街の王珍錦茶行、重慶北路にある林華泰茶行の3軒を訪ね、合わせて9斤と4分の1斤、金額で39,000円ほども購入してきました。これで来年の訪台までの一年は台湾茶を楽しめます。詳しくはブログの方に記載してあります。

そろそろ年齢も高くなってきており、海外旅行も今後どれだけ続けられそうなのか、怪しくなってきています(-_-)。