馬籠と妻籠へ行って来た 🚗

10月の13日、思い付きで中津川で中央道を出て、馬籠と妻籠を訪ねてみました。旧唱の中山道の内、木曽路へ入って初めの宿場町です。島崎藤村の生まれた村として大変有名な観光地でもあります。 ふと読んだ小説に馬籠の”栗コワめし=栗おこわ”が美味いという話を読んだので検索すると、馬籠の名産に栗おこわがあるので、口コミが良かった「樹梨」というレストランへ観光がてら出かけました。木曽駒で有名な木曽馬の産地でもあるので、馬刺しも食べたいと目標を立てていました。途中栗菓子で有名な川上屋が馬籠にもありましたが、スルーして馬籠の宿場町と妻籠の宿場町を散策して、目的のレストランで遅掛けの昼食として馬刺し栗こわ飯を食べて来ました。

栗おこわが900円、馬刺しが900円でしたが、以前に長野の小布施の竹風堂で食べた栗おこわがべらぼうに美味だった記憶があり、比べてしまうとダメだった( ≧Д≦ )。
馬刺しについても冷凍の戻しかけで半冷凍状態(-_-)。観光地の名物に美味いもの無しとはよくぞ言ったものです。おまけに食べる前に持ち帰りで2人前包んでもらってきたとはなんとも失敗でした。食べて見てからだったら持ち帰りは注文しなかったでしょう。初めて訪ねてみて大当たりだった例も少なからずありますが、他人の口コミもあてにならないもの、今回は外れでした。

マンダム
  • マンダム

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です