台湾生ライチが到着した 🍊

楽天市場で台湾生ライチの予約販売が出ていたので6月初めに注文していました。
昨日発送案内があり本日宅配されてきました。
ライチは漢字ではレイシ(茘枝)とも書かれ、有名は唐時代の美人楊貴妃が好んだ果実として特に有名です。
 日本では中国産の冷凍したものしか食べていないので、台湾訪問時の楽しみでもあったのですが、釈迦頭・ライチ共に台湾からの取り寄せが出来るようになって良かったです。
 早速食べてみましたが瑞々しくて香りも高く素晴らしい。コストコでシロップ漬けパックのライチも食べてみましたが、内皮と言うか、種際の殻が硬かったのに対し、生ライチは気になりません。3年振りの生ライチでした\(^.^)/。生の状態で日本でたべられるのは初めてです。中国が台湾産の果実の輸入を禁じたことでパイナップル、冷凍釈迦頭についで日本で食べられるようになったことは皮肉です。
 1キロ入り5,000円なのですが、台湾で買っても比較的高価な果物なので航空運賃や配達料込みの値段なら納得です。次の画像は昔、台湾の屋台で売られていたライチ(玉荷包)です。かなり以前でもあり、種類も多少の違いがありますが一束500グラムほどが40元(200円)でしたので、当時なら1Kgは400円ほど、取り寄せた値段は5,000円なので、10倍以上にもなる(*_*♪。
     
 前回台湾から取り寄せた釈迦頭は冷凍だったので、あまりお勧めは出来ない状態でしたが、今回の黒葉ライチは大当たりでした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。