アメリカ大統領選その後 💰

アメリカで、トランプ支持派による国会議事堂占拠事件が発生し、アメリカの暴力体質が更に明らかになってきている。トランプ氏が後ろで煽っていることは明らか。 こうした人物を大統領に選ぶというアメリカの闇は深い。4~5人の死者も出たと言うが、白人主体のデモなので死者数が少ないという。黒人やヒスパニック主体のデモだったら数倍の犠牲者が出たであろうと言う。 
 フェイク政治家ともいえる大統領であり、国民の支持を失った大統領が椅子から離れたくないというドタバタ西部大活劇映画の再現。中・ロの独裁政治を批判する資格なし。
コロナ対策もデタラメでマスク無しを強調したりし、世界の常識とかけ離れた言動が多く、アメリカを代表する責任ある大統領とは思えないオバカな人物だ。
 選挙に負けても権力を手放したくないという気持ちが見え見えであり、アメリカという民主主義の大看板を掲げた国として許されない事態、退任後に訴追される可能性もある。恥ずかしいことであり、韓国並みの国情に陥っている。
 戦後教育を受けた私のような世代はアメリカを世界代表として仰ぎ見ていることが多かったが、トランプが出てきてからは大きく変わってしまった。
 上の画像をご覧ください、まるで発展途上国の革命騒ぎそのもの、警察はどう対応しているのか疑問です。白人団体だから許しているのなら大問題、黒人団体なら大量の死者が出る暴動騒ぎじゃないですか。 アメリカの国際社会に対する権威はがた落ちです。

 ま、こうして批判している日本人はおとなしく権力に従っている羊の群れかも(~~♪。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です