株式取引 💰

久しぶりの株式話題です。コロナ騒ぎで株式相場は大きく値下がりしていましたが、このところ経済活動の再開に伴い大幅な値上がりになっています。
 コロナウイルスの第3派流行拡大のさなかにおけるバブルともいえる株式相場の急騰に驚くと同時に、今までの落ち込みで大損していたのを回復しつつあります。
 外国人社長の不詳事件で急落していたN社株を7,000株も持っており、1,000円越えから、最低値340円にまで急落する状態。ナンピン買いで平均取得額が600円台ですが、急騰して500円を超えました。
 とりあえず4,000株ほどを売り払いました。今の相場はバブルだと踏んでいるのですが、コロナ騒ぎが学校閉鎖・工場閉鎖などに発展すれば暴落します。しばらく様子を見て、まだ上がるようなら、まだ3,000株保持しているので高値で売り逃げを図り、暴落すれば買い増しも出来るという、両構えで様子見です。
政治・経済の実態と株相場が見合っていませんが、国際的なつながりでアメリカ相場に連れ高という一面があり、大変面白くなっています。現在日経平均株価はバブル崩壊後の最高というまさにバブル再現相場とも言え、間違いなく近々に暴落が見えている気がします。しばらく様子を見て残りの株式を手放すか、買い増すかのタイミングを計っているところです。
 11月26日の様子では、頭打ちから下がり始めの様子が伺えるので、上下の動きが激しくなれば株も面白くなります。楽しみ~ (^^♪

 11月30日追記
矢張り下がりに入り、3日連続で値下がりです。

 この後どのように動いてゆくか面白いですね。底辺まで下がれば買い増ししますが、途中で反転して値上がりしてゆく可能性もあります。コロナのワクチンが出来上がり、抑え込みが見えて来たのもあり、平均株価の今後についてはさらなる値上がりも予想されるところですので、大変面白くなりました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です