新型肺炎流行(2) 😷

心配していましたが、とうとう世界的な感染症大流行(パンデミック)になってしまった。国際的に経済活動も停滞し、一般生活も不安だらけです。 

 経済の停滞や、株価の下落も酷く、2008年のリーマンショックを超える状況。持ち株の値段も半減以下に落ち込んでいる。

 中国から遠く離れて、対岸の火事のごとくに批判的な見方をしていたアメリカ・ヨーロッパも大混乱の中で感染者が爆発的に増え、国家非常事態宣言をして、外国からの入国を制限する措置を取ると言うが、既に流入してしまっているのに、対応が遅すぎる。 自国は大丈夫という驕りがあるのでしょう。外国からの流入にすべての原因をぶつけるよりも、自国内での感染拡大対策が先にあるべきで、彼らこそがパンデミックの拡大者になりつつある。 中国内での新たな感染者は大幅に抑え込まれており、今や海外からの移入が問題らしい。

 人それぞれが自主的な判断をして感染の拡大防止に努める努力をするという国民性のある国は世界に多くは無い中、英才教育に熱心な諸外国と、普遍的な基礎教育に熱心な日本との違いが大きく影響していると感じられる。誰かの指示で動くのではなく、一人一人が自ら考えて行動することが大切です。 

 当初は中国に次いで多くの罹患者を出した日本は、抑え込みに成果が出ている僅かの国の一つで、罹患者数のランクも下位になっており、世界の奇跡だともいわれるほど感染の爆発的な拡大を抑え込んでいる。  国民皆保険制度が施行されている医療先進国でもあり、早く対症方や治療薬を開発して対ウイルス戦に勝利しなければいけません。

 爆発的な感染者拡大(オーバーシュートと言うらしい)を防ぎ、日本の国民力の高さを世界に示すチャンスかも(^^♪
 自制的に行動し、感染拡大防止に協力し、勝敗の瀬戸際にいるとの自覚こそが大切だと感じます。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です